人格適応論を使ったコミュニケーション研修

人格適応論を使ったコミュニケーション法とは?

多くのカウンセリング臨床経験を持つ

㈱メンタルサポート研究所グループが
「人格適応理論」「カウンセリング理論」「コミュニケーション理論」

等をベースに、コミュニケーション研修としてアレンジしたものです。

さて、難しそうな説明はここまでにして。。。
ここからは日常的な表現でご説明させて頂きますね。
上記説明にもありました、人には6つの人格タイプ特徴がみられます。

例えば、お母さんからお子さん達を見た時
「どうして同じ姉妹なのに夏休みの宿題で姉は毎日コツコツやって、
妹は休みが終わる間際のギリギリなんだろう?!(◎_◎;)」(子ども適応タイプより)

職場でも居ませんか?
「どうして今、大事な会議中なのに冗談が言えるんだろう?!(◎_◎;)」
ご家庭では、風邪をひいて寝込んでいるのに
「自分を置いて出掛けたりする夫が冷たく感じる」

一見、妹は勉強が嫌いな子供にみえて
真面目に会議を聞いてないようにみえて
病気の奥さんをほったらかしにする冷たい旦那さんにみえて
実はそれぞれ考え方が違うので行動が違うだけ、つまり
あなたとは人格タイプが違うので考え方や行動が違うだけなのです。

それぞれのタイプの特徴を知る事によって

今まで相手の言動によってストレスと感じていたことが

それは相手のタイプの特徴(言動や好み)だと解るようになると

自他共のイライラポイントも分かり交流がしやすくなっていきます。

夫婦、親子、仕事関係やご近所等々

私達にとって生きていく上でコミニュケーションはとても大事なもの^^

ちなみに私はこれを学んでから職場で大いに活用していきました。
実は、会社員時代に苦手だった取引先の人・・・なんとびっくり!

私と同じ人格タイプだったようで、それ以来、自分がされて嫌な言動、

それはつまり、相手もそうされて嫌な言動(地雷)を踏まないように

接していきましたところ・・・苦手な相手から反対に「あなたは信頼できる」と大層気にいられ売上が倍増、

上司からは褒められるし、なんといっても地雷を踏まないことで相手からのアプローチが柔らかくなって、

自分のストレスは無くなったことが気持ち的にとても楽で、なんか良いことづくめで会社員時代を終える事が出来ました。

こんな風に・・・

学んだその日からすぐに使える人格適応論

相手のタイプに合わせたコミニュケーション研修

あなたの学校や、職場で取り入れてみませんか?
いじめ、対人関係のトラブルによるそのストレスをそのままにしておくと

積もり積もって気分や身体の何処かに不調がでたりと大変な事にもなりかねません。。。

そうなる前に相手のタイプに合わせた接し方を身につけて、

自分の周りの環境を快適にしていきませんか?

毎回テーマ毎のテキストに沿って講義&ワイワイ討議をしながら楽しく知識を深めていきます^^

今回のテーマはこの二つ!!

タイプ別褒め言葉「仲良くなりたくて褒めたつもりがなぜかムッとされた;;」

仕事の適正と人の関わり方の特徴「ズバリ!今のお仕事向いていますか?」です。

あの人の「なんで!?」はその人格タイプに聞くのが一番分かりやすいと毎回参加者からご好評をいただいております^^

 

 

2017年

8月精神科看護師さん向けに患者さんとの対応向上のため研修をしました。

8月 M生命保険会社、生保管理職向けにお客様との対応向上のため

研修をしました。

2016年

1/23 社労士様向けに研修を行いました。

4/26 ご夫婦のコミニュケーション向上のため研修しました。

5/2  5歳児のお子様を持つママ向けに研修をしました。(子ども適応論)

5/29 大阪市内某精神科病院訪問看護師の方々に研修いたしました。